酵母菌の効果的な摂り方@―食品―

酵母菌の効果的な摂り方@―食品―

酵母菌を取ることはさまざまな効果がると言ってきたわけですが、実際にはどうしたら酵母菌は摂取することができるのでしょうか?実は酵母自体を自然な食品から摂取するのは難しいとされています。

 

なぜなら、いくら酵母菌といえども胃のような強力な酸である消化酵素には対抗できないからです。ただし小腸は正常な時は弱アルカリ性の性質を示すため、消化酵素から酵母菌を守ることができれば、小腸への定着も可能ではあります。そのためのサプリメントなども売られています。

 

では自然な食品からの摂取は無駄になるのでしょうか。実は、酵母菌を摂取するのが無駄というわけではありません。酵母菌は食品を発酵させる段階であらゆる酵素を合成しているため、その副次的な効果が期待できるのです。

 

とくにアミノ酸や各種栄養素(ビタミン・ミネラル)の効果は大きく、昔から酵母菌の摂取といえばこの酵母菌が生み出す酵素の摂取と同じ意味を持っていたようです。

 

また酵母菌が自然にあるぶどうなどの果実には、それそのものの食品の栄養素があり、ビタミンや食物繊維など酵母の効果を支える栄養素が含まれていることも注目すべきでしょう。とくに果実に含まれるビタミンCやポリフェノールは強い抗酸化作用を持っているため、それだけでも摂取する価値はあると言えます。


このページの先頭へ戻る