酵母菌と乳酸菌

酵母菌と乳酸菌

酵母菌と乳酸菌は、同じように発酵食品の材料になっていてその効果もとても似て、よく比較されます。

 

酵母菌は主に日本酒やパンの発酵の際に用いられますが、乳酸菌はヨーグルトやチーズなどに用いられるといった違いがあります。また発酵の際、酵母菌は糖質からアルコールと炭酸ガスを作り出しますが、乳酸菌は乳酸をつくります。

 

酵母菌は乳酸菌のえさになり腸内で善玉菌の増殖を助けますのでとても相性がいい菌であるといえます。また両方とも酸性を好みその生息環境が似ているのも特徴です。

 

よって酵母菌と乳酸菌は同じような食品に同時に存在することが多いのです。

 

たとえば、味噌や漬物などの植物性の発酵食品には酵母菌と乳酸菌が豊富です。植物性乳酸菌の生命力が強いため腸に生きて届き、腸内環境を改善する効果が期待されます。

 

酵母菌も同じように腸内で糖類の消化・吸収を助ける働きがあると同時に酵母には腸のぜんどう運動を活発にする食物繊維が含まれているため、腸内環境改善に効果を発揮します。

 

うまく酵母菌と乳酸菌を食生活に組み合わせて摂取できればより多くの健康効果が引き出されることが期待できます。

 

参照
乳酸菌の効果
http://www.nyusankin.asia/

 

 


このページの先頭へ戻る